拙作/Fiction一覧

勢いで書いたあとで読み返すと恥ずかしくなる文章

NO IMAGE

車窓

同じ電車で同じ時間、同じ道で。 どんなに感謝を綴っても、電子文字では半分も伝わらない。 声をかけてきてくれた。 言葉すらなくて流れる景...