フリーターから会社員になって1年経ったので振り返ってみた

なかなか更新する時間が取れてないですね。もうちょっといじって見やすくしたいですな。
インスタが全面に出過ぎててブログ感ない。笑
スマホももっとパソコンライクに使えるものへ機種変更する予定なので、合間を見て文章を書く書いていこうかなと思ってます。

2017年にフリーターから会社員になって1年が経過したので比較してみたいと思います。
備忘録的に。
一般的なフリーター/会社員の比較ではなく、あくまで僕が経験した小売業と事務職の比較です。

——————————

●給与面
・フリーター
時給で働いているので、昇給がない分上限が見えてしまっている。時間給が高くフルタイムと変わらないくらい働ける環境であれば月の収入は新卒正社員とはあまり変わらない。

・会社員
月給は時間ではなく等級や勤続年数などいくつかの要因で決定する。アルバイトと同じ時間だけ働くのであれば、継続することでベースアップが見込める。

●時間面
・フリーター
シフト制なので融通が休みを入れたいところに入れられるが、友人と合わせることが難しい。有給などを使えば連休も可能。早番と遅番の組み合わせ働くので、日によってはきついかも。

・会社員
カレンダー休みなので予定を組みやすい。繁忙期の残業などはあるが、基本的に定刻通りで8時間ほどの労働時間を週5日。

●待遇面
・フリーター
昇給や賞与などは原則的にはなし。社会保険や優待などはあり。

・会社員
前述の通り昇給、賞与などはバイトとは違いしっかりとしている。社保や福利厚生もあり。

●その他
・フリーター
掛け持ちやイレギュラーな業務を経験して視野を広げたり興味や適性を模索するのに最適だと思った。フットワークを軽く色々とできる。
バイトだからできることは限られているが、その分グレーになっている誰かがやらないといけないがなかなか手が回らない細かい業務をたくさんできる。企画立案には携われないけど、実行する初期段階で若手に回ってくる為新しい仕事には色々とタッチできる。
毎日新しいお客さんと接して何が飛び出すかわからないのは面白くもハラハラするともいえる。
立ちっぱなし動きっぱなしなので足腰が疲れる。シフトの状況によってその日の仕事の量が大きく左右される。

・会社員
事務職のサラリーマンがなぜたくさんいるのかわからなかったが、正直な感想としては楽だからだと思った。意思決定のプロセスや責任の所在がはっきりして組織の中で業務分担が行われている為、毎日決まった時間に会社へ行けばやることがある状態。安心感がある。
採算がとれる範囲での仕事をして利益を上げていくという考えは他の会社とは変わらないが、競合や協力関係にある会社がそれぞれ隣接している業界で事情がわかっているため比較的ものごとがスムーズに動く。
縦横の繋がりで仕事が運営されていくため業界内や社内の通例や慣習を理解して流れに乗ることが必要。
座りっぱなし電話とパソコンしっぱなしなので目と肩が疲れる。なぜか事務職になってからの方が痩せて体調崩しがちな気がする。

—————————————

●過去と現在
それぞれいい部分、そうでない部分があるなぁと思って日々働いてます。世の中にはいろんな人がいろんな働き方で共存しているんだなと感動することもあります。

前回のバイト先の延長でフリーターをさせてもらっていたお店では対人コミュニケーション力がすごい引き出されました。初対面でグループワーク的なハンドクラフトを主催したり外販で声出ししながらお菓子やドリンクを売ったり。接客スタンスがそのまま他の店舗やお店でも多少の違いこそあれど基本になってるなと確認できましたし自分の中では結構好きな部分が発揮されると思いました。
特にクラフトのワークショップはお金もらえなくてもやりたいと思える数少ない仕事でした。ものを入手する最後のステップにあえて人が介在する意味はなんだろうっていうことをすごい考えて、お客様目線に立った時どういうことが心地いい購買体験なのかということを念頭に置いて立てるなと思ったタイミングで次に行こうって思いました。

色々あって縁があり今の会社です。小売や卸売の一歩前の段階のロジスティックスの分野です。この部分は品出しとか仕入れで断片的にしか知らなかったので興味はありました。
本当はもっとピンポイントな視野と専門的な知識(法律とか国際ルール)をつけていって然るべき何だろうなと思いつつ、現段階では業務を前任の方から逸脱することなく円滑に回すという最低限の目標で日々こなしてます。
事務処理は苦手で機械的な活字は読むだけで眠くなりますが、今やそれは何とも思わないくらいになりました。整理整頓と早めの着手というシンプルな原則が身につきつつあるかなぁと。いい意味での適当さも大事なのだなぁとも思います。より知識や経験がある人に聞く方が速くスムーズに片付くこともありますね。

●未来へ向けて
この1年で色々なことがあって身近な人と話をしたり、改めて20代最後の1年に向けてどうしていきたいかを自問する機会が増えました。
目の前のことをできる範囲でやることはどんな局面でも変わらないですが、こうしていきたいっていうイメージがあるならそれを明確にしていくことは必要と以前より更に思っています。
イメージが実現している部分、必要十分に達している部分はそのままにして感謝して持て余している部分やもう要らない部分は手放して。変えていきたい部分は自ずと見えてくるというか。
もっと心身ともに調和していきたいなぁと思うので居住環境や就業形態や小さな習慣や人間関係や時間の使い方、ものの選び方やお金との付き合い方など見直す部分がたくさんあると思います。

自己実現志向ではないっていうのが他人とか社会とかと接するときの最大のミスマッチポイントではあるのでそこを自分の中でクリアにして落とし所を見つけていきたいですな。
あえてそうしようとしなくても実現できていることが傍目にも明らかな状態になれば自ずと次の段階へと進めてる気がするんですよね。
その時はもっとプリミティブな場へ進むというか戻ってそうですね。
そんな未来が来そうな予感です。

p.s.
ファンタスティックビーストの新作が楽しみすぎる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする