モノに対してあれこれ

万年筆で日記を書き始めました。
ここ数ヶ月は鉛筆メインで書いててシャーペンはサブになっていたけど、さらに順位が繰り下がることになりますね。

14歳くらいにウェブで日記を書くということをはじめてみまして。
手書きの日記はそれより遅くて16歳の夏頃だったと記憶しています。
ブログは断続的だけど、手書きは中身のないようなものから濃いものまで継続的です。
小学校5、6年の頃はハムスターの育成日記もつけてました。

日記を書くことほど自己満足な行為はないけれど、今日という日を反芻する時間を大切にしてるんだろうなって思います。

モノについて。
身の回りにものとか本が結構あって、気がつくとどんどん増えてきてしまうのは誰しもあると思います。
ちゃんと使ってあげられてないものとか今の自分には要らないけど、売ろうとすると買値がつきづらいものとかも結構あって。

例えば新モデルが出てディスコンになったベースアンプはこの間買取依頼に出したんですが、業者から引き取り不可というアンサーがきました。
国内外のユーザーレビューを見ると高評価が多いし、エントリーから中上級者の自宅練習用として重宝されているようです。

僕は何度かベースを買ったりバンドで加入したりしたんですが、今は手元に4弦がないので不要なんです。
ギターをさして鳴らすこともあるんですが、サイズ的にも音質的な理由でも持て余しています。
なので誰か必要としている人のところへ行ってもらえたらなぁと思ってます。

大雑把にモノを手に入れる時に以下のプロセスがあるとします。

1.欲しい!
一目惚れの衝動買いから長年温めていたカスタムメイドの製品、非売品や絶版のレアものなど。
様々な物欲がありますが、まず最初は自分がほしい!と思う欲求を認識するところからはじまります。

2.購買、入手
お店やホームページ、フォーラムや人づてなど交換や金銭のやり取りで入手するプロセスです。
これに至らないケースも多々あるんですが、買えたとします。
結構買うまでが楽しくてワクワクしたりするもんですよね〜

3.所有、使用、消費
家でも車でも、株でもパソコンでも楽器でも。
得て保持したり、使ったり、消費したり、鑑賞したりするわけです。
食べ物や飲み物はここが最大の目的と言ってもいいんじゃないでしょうか。
食べておいしい!

4.売却、処分、譲渡
この段階はいずれやってきますがそこまで意識はされません。
最初からリセールバリューを意識したり、価値が上がることを想定して買うこともあるかと思います。
他人へのプレセントならここが一番の目的ですな。

1~4のどの段階においても様々な思考、感情、行動があります。
所有している段階ではメンテナンスや消耗などモノとしての向き合い方も色々あります。

こうしてみていくと自分のものにしたい、所有したいという欲求のために日々働いたり稼いだりしているようで、細かい部分では異なる動機や思考があることも気づけます。

逆に買ってしまったからこそ維持や支払いなどの悩みが出てきたり、
壊したり無くしたりしてしまう心配も生まれてくるかもしれません。

それもこれもほしい!という自分から発せられた声があってこそのプロセス。
どの段階でも自分の発したものに向かい合って責任を持つことは非常に大事なんじゃないかなと思い直しています。

結構自分も、なんでも欲しがったりいいなあって思っちゃうタイプなので。
そしてイメージ通りのものを入手するまで粘りますし、突き通して止めないです。

自分も他人に対しても何かを手にした状態がピークで認識してしまうんですが、
それを「手にするまで」と「手にした後」という時間軸も同じようなリアリティで実感していきたいなと思っております。
端的に言えば初心を忘れず。最初のワクワクやありがたみをずっと持っていられることが理想ですね。
まぁ飽きたりありがたみが薄れたり目移りしたりするのも人の性ですが、人に対してはいわずもがなモノに対しても初心に立ち返り続けたいなと思います。

「手にすること」に付随したり、派生したりする出来事や感情などなど全部しっかりやっていこうって今更ながら決心しております。
なのでほとんど気を使ってあげられてないものは使ったりほしいと思っている次の人が買ってくれるように整えていっています。

この日曜はそんな感じでしたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする