Sakebu

ドラムのすぎさんと作曲・編曲プロジェクトをはじめたのは昨年の12月だった。
それからプライベートが忙しくなったことも重なり、お互いが作った音源のかけらが半ば放置気味に。
ずっと頭の片隅にはあったんだけど、先週の金曜日職場でシュレッダーをかけていたとき、
夕日が窓から見えて「そうだあの音源、自分なりにひとまず完成させよう」となぜか思った。
その瞬間に全部のシーンが見えたので、それに沿って音を当てはめていった。
打ち込みの技術的な面の課題とギターのスキル面ももっとうまくできると思うけど、
音を聴いたときの印象と、最初に漠然と混沌とした中で感じた印象が結構一致しているのでOK
ソロギターとかピアノ一本で、一人でできる音だけでそれを表現できる人はすごい。
できるだけシンプルにしたい。
ギター的にはフレットを打ち替えて音程感が安定して、弾き心地にも慣れたところで弦を交換したので自分史上ではベストオブベストの音。
日の目が見れてよかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする