ナイトラブレター

モーニングページという自己啓発と心理学の間みたいなメソッドが以前ひそかに流行した。
ブレインダンプとかブレーンストーミング、マインドマップやKJ法などといった思考整理術などと似ている。
ただ起き抜けにノートのページいっぱいに思いつく限りの言葉をぶちまけること1ヶ月(A4ノートを一冊使い切るくらい)
というカンタンメソッドだ。
夢日記と少しオーバーラップ気味になるので難しいけど、うまく切り離して40ページ分くらい書いた気がする。
とても読み返せたものでもないし、モーニングページを勧めている著者の意図通りにはならなかった気がしてノートは処分したと思う。
結構朝時間取られるし。多分、その思考停止時間が余裕をもたらす効果があるんだと思う。
朝の寝覚めとともに始まる雑念は凄まじいものがあって、ほぼその日のカラーを決定づけるし、
下手したら一生思考のルーティンから抜け出せない。。
そんなようなことを5年くらい前にやってて。こりゃダメだと笑
自分の中にある見えない心の動き、特に思ってもみないようなクリエーティブな部分をとらえたかったけど、
半ば無理やりひねり出された言葉の洪水にはそんな発見はほとんどなかった。
逆に今取り組んでいるのは1日1つ詩を書くこと(Evernoteにだけど)
形式は自由で音韻してもいいし、歌詞っぽくても取り止めがなくてもいいし、
Twitterで呟きっぱなしのようなものでオーケー。
アジカンのゴッチも毎日詩を書き続けるこの一見苦行じみた行為をしていたことがあるらしい。
ただし寝る前に書くこと。夜書いたラブレターって朝読み返すととてもひどいんだけど、
そんなような塞いでしまいたくなるような言葉の羅列をストックしている。
とてもじゃないけどシラフいえないような言葉って時にかなり真に迫っていると思う。
ここ数年は実際にも言っちゃうけどね。シラフでも昼でも面と向かっても。
結構いつものモードから外れた自分っていうのも信頼してて、どこからかとってきた言葉っていうのも面白くて素敵だ。
どうもお風呂に入って、トイレも済ませて、あとはもう寝るくらいしかないって時は
いい意味で投げやりというか変に建設的なことを考えてないらしく湯水のように言葉が溢れ出す。
しばらくずっと続けてみようと思ってる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする