Drive on, my mind.

久しぶりに早朝散歩したあとはジムに行って2種目だけこなしてシャワーを浴び、スタジオに行った。
地味に同じバンドが1年以上続いたのは高校生以来。
バンド演奏とか音楽ってなんだろうっていう疑問は常に問いかけてて。
日本のメジャーレーベルから出てる曲を多く聞いて、バンドはそれらをやってる。
けどプロ志向でももちろんなければ、アマチュアでライブに出るという目標も掲げてない。
毎回スタジオで合わせていくという数を重ねていっている。
目標がないとがんばれないとかそういうことではなく。
音楽ってやっぱり単純に音を楽しんでて、音で楽しめるっていう行為だと思う。
人と人が同じ時間と空間の中で、例えば誰かが作って販売した曲を媒体にあらわれるというか。
過程そのものが結果で、行為自体が報酬だから時間も労力も使うし、浪費とも思わない。
曲も自分たちのものにしていけばいいし、言葉にできない一致した感じに出会えることもあるってドラムの友達が言っていたけど。
まさにそういうことで、強いていうならそういう瞬間のためにやっている。
彼の場合は音色も曲のコンテンツはなんでもよくて、叩くための鋳型のようなイメージで考えているみたい。
全面的に同意するし、だからうまく続いてるんだなぁって思う。
人生観も音楽観も帰納的というか。ある意味悟ってる状態にいるんだろうなぁ。
言いたいことまとまらないけど言いたいことなんてないのかもしれない。
言い知れない満足感とようやくその領域にタッチできたから緊張が解けて帰ったら
ぐったりと寝落ちして1時間くらいぶっ倒れてしまっていた。
このうまく言っている瞬間がとてもいいから、自分なりの音楽は続けていけると思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする