Watching wathces

特に計画してなかったけど直ってきた時計を見せようと思ってぶらっと元町に。
異動になったらしく以前お話聞いた方はいらっしゃらなかったが・・・
いろいろと見せてもらった。
前回はJLCとロレックスのレベルソとウルトラスリム、ロレックスの DJ、ブライトリングとかインヂュニアとか
見せてもらって限定カラーのやつが売り切れていてた。
オメガのプラネットオーシャン、アクアテラ、スピードマスターあたりと
ゼニスのエルプリメロ、とやっぱりIWCインヂュニアを触れせていただいた。
黒のスピマスは本当かっこいい!ムーブメントのメカメカしい感じがいい。
ゼニスはオープンダイアルできらびやかなのとネイビーのムーンフェイズついてるのかっこよかったな。100万くらいしたけど。
チタン素材のストーンズコラボのモデルがお茶目でいいかもしれない。90万くらいしたけど。
クロノグラフはかっこいいんだけど防水できてデイトがついてる三針がいいかな・・・
あとかっこいいものはそもそも自分に合ってない気がする。
ダイバーウォッチかっこいいし最初の頃はずっと回転ベゼルのが欲しかったけど
今はそれならアクアタイマーが欲しい気がする。
とか書いてるとアクアタイマー気になってきた。やっぱりもういっぺん通おう。
IWCのどれかにすると思う。
基本的に手放す(=売る)つもりで選んでないからロレックスは優先順位低いかも。
オメガはどれもかっこいい機能美あるけど今のアンティークがあるから、
お店の人も「それがあるから他のオメガは勧めませんw」という感じだったし。
腕時計はもちろん時間を知るというアイテムだし、機能性(視認性、動作性)がいちばんだと思う。
けどギターと同じで、出音とかサウンドバリエーション以外にフィーリングというのがある。
見たときの印象や手に取ったときしっくりくるかどうかというパーソナルな部分が大事。
そこから愛着が流れ込んでいって、モチベーションアップになったり
時間を見るたびに「美しいな」「かっこいいなあ」という感情が喚起されたりする。
綿密に計算されて作られてるのにスペックとか価格の数値的な部分では単純に導き出せないところに面白さを感じる。
あと単純にいろんな話ができるのは本当おもしろい。
それで何をするか、が単純に時間を見るくらいしかないからそれ以外のところでいかようにでも広がるというか。
クォーツはカチッカチッって制御されてる感じだけど、機械式はチッチッチって一生懸命刻んで
流れるように秒針が動いてるところが時間って生きてるんだなぁという気持ちになっておもしろい。
実物のフライングトゥールビヨンとか見たら相当感動すると思う。毎秒ワクワクしそう。
いつかぜったい一つほしいなぁ。家買えそうなくらいするけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする