超朝型

夜明け前の約1時間半を「ブラフミームフールタ」と言うらしい。空が黒から青に変わる時間。
この時間に瞑想やシャワーなど心身の身支度をして過ごすことで1日、ひいては人生全般に
いい影響を及ぼすということらしい。
出典はまだネット情報なのでブラフミーアムールタが夜明け前の96分という定義は
日本の経緯度で、冬至前後でも成り立つのかは不明。
あと月の影響とかもちろん食事や身の回りの環境色々関係はあるだろうけど。
とにかく人も少なくまだ鳥が鳴き始めたばかりの時間帯は心地いい。
散歩したり軽くストレッチしたりして過ごすだけで濃密な時間を過ごせる。
ちょっと眠くなるのがデメリットだけど、しばらく朝頑張って起きて
それを習慣にしていこうと思う。朝のラジオも6:45-7:00なのでちょうどいい。
夜に作業しても効率悪いし、夜の発想って大体朝になったらあっけなくぺしゃんこになる。
最初から朝でも夜でもない時間帯に集中してそれらを行えばいい。
大学受験期とか高校2年の頃は自然とそうしてたしパソコンも携帯もいじってなかったので
自分だけの時間をもっと多く持てていたと思う。
それ以外の時間はむしろノイズは当然で寝る前の瞑想と夢、この朝の時間でクリーンするイメージ。
1日にたった90分のゴールデンタイムと15分の瞑想だとしても
100日260日と続けていけば少し眼に見える変化として現れてくると思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする